Taking too long? Close loading screen.

子ども、芸術、平和構築

― 世界平和のためにいま私たちにできることは何か?
  • 会場:N8 りっかりっかスタジオ(エーシーオー沖縄事務所内)
  • 2022年 7月25 日 (月) 17:00〜18:30

世界のさまざまな地域や国で内戦や戦争が続いています。第二次世界大戦後77年が経過し、この間に日本が再び戦地になるようなことにはなっていませんが、世界の平和と日本の平和は繋がっており、その問題を他人ごとにするわけにはいきません。
そこで、本シンポジウムでは、「子ども」「芸術」「平和構築」をキーワードとして、主に2つの視点から、世界平和の問題について考えてみます。
1つは、子どものための演劇に携わるアーティストは、世界平和のために何ができるのかという視点です。これまでも、アーティストは、戦争を描いた演劇作品の上演や、戦争をテーマにした演劇ワークショップを行うといった形で、子どもが戦争について学ぶ機会を創出してきました。しかし、近年の平和教育においては、平和の実現には、子どもたちが戦争について学ぶだけでは不十分で、平和を創造する力が必要であると「平和創造力」の育成が求められています。そこで、アーティストが育成可能な、または提供可能な「平和創造力」とはどういったものかについて考えてみます。
もう1つは、私たちに「いま」何ができるのかという視点です。私たちは、実際に戦争が起きている国や、戦後復興中の国から遠い場所にいます。だから、無力に感じるかもしれませんが、けっしてそうではありません。現地を訪問し、現地の子どもや人々の支援にあたる人もいれば、現地のことを想いながら日本で活動を行なっている人もいます。一人ひとりにできることの大小はありますが、何もできないわけではありません。そこで、世界平和のために、私たち一人ひとりに可能な行動や活動とは何かを考えていきます。
りっかりっか*フェスタは、「子どもとともに平和を求める演劇祭」です。改めて、世界平和のために、自分に何ができるかを一緒に考えてみませんか?

〈パネリスト〉

公家 義徳
東京演劇アンサンブル 演出家・俳優

平丸 久美子
一般社団法人ピースセルプロジェクト 代表理事

〈進行〉

飛田 勘文
芸術文化観光専門職大学 助教

*本研究は科研費19K13038の助成を受けたものです。

参加申し込み方法

会場参加(参加費無料)
オンライン参加(参加費無料)